SLAM DUNK(スラムダンク)

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第45話『退場目前!? 花道ピンチ』のフル動画を無料で観るには?あらすじ・ネタバレ・感想・登場人物の紹介も!

SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第45話『退場目前!? 花道ピンチ』のネタバレページです。

前回(第44話)までのあらすじ

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第44話『三井!嵐の3ポイント』のフル動画を無料で観るには?あらすじ・ネタバレ・感想・登場人物の紹介も!SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第44話『三井!嵐の3ポイント』のネタバレページです。 前回(第43話)までのあらすじ...

前回の第44話ですが、湘北と翔陽との試合は後半に入ってから三井が長谷川のマンツーマンマークに苦しみ、花道は4ファウルであと1つファウルをすれば退場というところにまで追い込まれました。

その状況下で後半残り5分には58対46と翔陽に12点のリードを許していました。

しかし追い詰められるほどに力を発揮する三井がフリースロー3本とスリーポイントシュート2本を立て続けに決め、湘北は58対55と3点差にまで追い上げてきているのでした。

ねこくん
ねこくん
アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』全話を無料で観るにはどうしたらいいの?
ねずみくん
ねずみくん
すぐに観たい人のために結論から言うとアニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』全話は『U-NEXT』に入れば無料でみれちゃいますよ~!
ねずみくん
ねずみくん
劇場版4作品ももちろん無料なんです!

U-NEXT』は『見放題作品数No.1』で、無料期間中でもレンタルに使えるポイントを600ポイント貰えます。

もちろん31日間以内に解約すれば完全無料です!

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTでアニメ『スラムダンク』を今すぐ観る

第45話『退場目前!? 花道ピンチ』あらすじ

ゴリ三井の元に駆け寄ってきて、「まだ錆びついちゃいなかったようだな。」と言います。

三井は「あ?」と言ってから、ゴリに「おめーはどーした赤木。まだゴリラらしい暴れっぷりが出てねーんじゃねーか?」と言います。
ゴリは「ぬかせ」、三井は「フン」と言っています。

そしてゴリと三井はハイタッチをかわしていました。

花道は(ううーん、オレだけ目立ってない。何とかしなければ…)と思っています。

その花道に流川が「まだいたのか、退場しないで。」と言ってきます。
花道は怒りで顔を赤くしながらうなっており、右の拳を握って(ここは一発スラムダンクしかない。スラムダンクしか…しかしファウル4つ…)と思っています。

木暮は「よーしいけるっ!!いけるぞ!!」、彩子は「3点差よ。」と言っています。

桑田は「翔陽を倒して決勝リーグ進出だ!!」と言い、他の湘北メンバーがその声に「おお!!」と答えております。

彦一は「さすが三井さんや。あのスリーポイントは要チェックやで。」と言い、田岡監督は(三井寿!!MVPの実力健在か…)と思っています。

海南の神は「打った瞬間にもう入るのを確信してた。大した自信だな。」と言い、清田は「ラスト4分を切ってこりゃあもうどっちに転ぶかわかんねえぞ!!」と言っています。

牧は「答えは一つ。強い者が勝つ!!」と言っています。

スコアボードには残り3分58秒で58対55となっています。

大楠はペットボトルを持った左手を振りながら「3点差なら三井のスリーポイントシュートで一発同点だぜ!!」、高宮は口に両手を当てて「ミッチーに打たせろ!!ミッチー!!」、洋平は右手にペットボトルを持って「あんときはムカついたけど今は好きさ!!」と言っています。

桜木軍団の4人はペットボトルを前の鉄柵でたたきながら、晴子は両拳を握って、藤井は特に動作はなく「ミッチー」コールを連呼しています。
そして高宮は後ろを振り返って「はい皆さんご一緒に!!」と観客たちにも声援を求めています。

観客たちは少し恥ずかしそうですが、それでも拳を握って「ミッチー」コールを送っていました。

三井は「あいつら…」と言っております。

すると流川楓親衛隊の1人が「私たちも」と言い、他の2人が「負けないわよ。」と言い出します。

流川楓親衛隊の3人はそれぞれ「る」の鉢巻と「RU」のシャツ、「か」の鉢巻と「KA」のシャツ、「わ」の鉢巻と「WA」のシャツを着ています。

そして手には黄色いポンポンを持って足を上げて踊りながら、「流川、流川、ファイト一発流川!!流川、流川、今すぐナイス流川!!流川、流川、流川、キャアー!!」と声援を送りだしました。

流川楓親衛隊が踊っているすぐ下には大きな赤い文字で「流川命」、下には「流川楓親衛隊神奈川本部」と書いてあり、真ん中にはピンクのハートマークが入った横断幕があります。

少し滑稽なBGMとともに魚住は「まったく、湘北の応援はいつもこうだな。」と言っています。

仙道は「どっちが勝つか、これで5分と5分。」と言っています。

神は「リバウンドの桜木が4ファウルをしている分、湘北が苦しいかな。」と言い、牧は「どちらが決勝リーグに出てこようと勝つのは俺たち王者・海南だ!!」と言っています。

清田は「そういうこと!!」と言って「グハハハハハ」と笑っています。

翔陽はパスを受けとった高野の前に花道が「ええい」と声を出しながらマークにつきます。

高野はドリブルしながら、「オラオラどうした、4ファウル。」と言い、花道は「く、くっそー」と言っています。

さらに高野はドリブルしながら、「退場男なんかには取らせねえぜ。」と言ってきます。

花道は顔をゆがませて「ううん」とうなっていますが、木暮が「桜木、聞くな!!」と声をかけてきます。

彩子は(4ファウルの桜木花道はあと一つで退場。積極的なディフェンスができないこのポイントを翔陽が見逃すはずがない。)と考えています。

高野は「それっ」と言って花道の前を抜け出し、永野にパスを送ります。
しかしこのパスをリョータがカットしました。

思わず木暮が「うまい!!」と声を出します。

リョータは(へへへ、いただき!!)と思いながらドリブルに入ります。
しかしリョータの目の前に藤真が現れ、リョータからボールを奪いました。

彩子や湘北ベンチのメンバーは「ああっ」という声が漏れています。

リョータは「くそっ」と叫びながら、右手を出して藤真を追いかけます。
そして藤真の前に三井も来て、リョータと三井の二人が藤真の前に立ちます。

すると藤真は高野にパスを出しました。

高野がドリブルに入り、その横を花道が走ります。

ゴリが「止めろ!!桜木!!」と言います。

高野が「うらあ!!」と叫びながらシュートに行きます。

しかし花道の動きは縮こまっていて、映像では花道がコミカルサイズで亀の甲羅を背負って短い両手両足を出しています。

シュートはボードに当たってから決まり、右腕を上に上げて「よーし!!」と言っております。

藤真は「いいぞ高野!!」と声をかけ、翔陽スタンドからも「高野!!」コールとペットボトルを叩く音が響いております。

残り時間3:35で60対55の5点差になりました。

晴子はため息を漏らしています。

魚住は(さすが藤真。絶妙のスティールにパス。どうする湘北。この穴は大きいぞ。)と思っております。

花道は悔しそうな表情で呼吸をしています。

そしてゴリは(ファウルを怖がってるな…しかし桜木には1分でも長くコートにいてもらわんと困る。翔陽は藤真を除く全員が190台。ジャンプ力のある桜木が抜けると高さのバランスが崩れて一気にやられる恐れがあるからな。)と考えています。

映像では花形、長谷川、永野、高野を映しております。

花形、高野、永野の3人が集まっています。

翔陽の高野は「桜木んとこが穴だ!!」、永野は「桜木を狙え!!」と花形に言っております。

それが聞こえた花道は(オ…オレが穴だと…)と思っています。

翔陽のディフェンスはゴール下に花形、その左前に長谷川、その前の左に高野、右に永野がいます。

高野は「ディフェンス1本!!」、永野は「ボール取りに行くぞ!!」と言っていて、その前に藤真が立ち、「さあ来い!!」と言っています。

洋平は「花道…」、晴子は「桜木君…」と言っています。

流川が花道の方を見ていますが、花道は「くそ…!!くそ!!」と言っております。

湘北の攻撃はゴリが高野の前でドリブルをしています。

そして後ろにいるリョータにパスを出しました。

リョータは少しドリブルしてから三井にパスを出します。

三井はシュート体制に入り、清田は「また三井だ!!」と言っています。

長谷川は「今度こそ止める!!」と言ってジャンプしますが、三井のシュートには触れません。

ゴール下にはゴリと花形がいて、その左には高野、右には流川がいます。

長谷川は(ボールには触れなかったがバランスは崩した!!落ちる!!)と考えています。

しかしボールはゴールに吸い込まれ、長谷川は「な!!」と言っています。
洋平は「また入ったーーーっ!!!」、大楠は「ついに1(ワン)ゴール差!!」、野間が「4本連続スリーポイントシュート!!もう手がつけられん!!」と言っています。

高宮は「ミッチーしびれる~~!!」と言っています。

観客席も湧き上がっています。

清田は「さすが中学MVP!!三井恐るべし…!!」と言っております。

牧は神に「神…あの三井どう思う?同じ3P(スリーポイント)シューターとして」と尋ねます。

神は「いいリズムで打ってますね…今は外す気がしないでしょう。一度入りだすと止まらなくなるタイプじゃないかな。オレと同じかな。」と言っています。

長谷川は呆然として表情で「くう~~」と言っていますが三井が「どうした。5点以内に抑えるんじゃなかったのか!?今ので20点だ。まだまだ行くぞ!!」と言ってきます。

翔陽の攻撃は藤真がドリブルをしています。

藤真の前にリョータがいて、その二人の左側に花道と高野、右側に流川と永野、さらに右に三井と長谷川、ゴール下にはゴリと花形がマッチアップしています。

高野が両腕を上に上げて、「来い!!オレに来い!!」と声をかけます。

花道が「ぬ!!」と言っており、流川が高野をチラっと見やります。

ボールが高野に渡り、高野がドリブルをしだします。

田岡監督は「翔陽はファウル4つの桜木のところから崩していく作戦か、当然だな。」と言っていて、彦一は「桜木さん…」と言っています。

花道は(野郎!!オレが4(フォー)ファウルで手出しできねーのをいいことに!!しかし…わかっていても手が出せんとは…くっ、くっそー!!)と思っています。

高野はドリブルしながら、「止められるもんなら止めてみろ!!」と言ってきます。

花道は怒りの表情で「ぐ…!!」と言っていますがどうにもできません。
この様子を見ていた仙道は「なーに縮こまってんだ桜木」と言っています。

高野は片手でドリブルしていましたが、花道に背を向けて両手でボールを持ちます。

そして高野は花道の正面を向き、「だああー、くらえ!!」と言いながらシュートに行きます。

花道は「ぐう~~~」と言いながら苦悶の表情をしています。

しかし次の瞬間、流川の手が高野の手を叩きました。

高野は「うお!?」、花道は「だああっ」という声を上げています。

高野は地面に倒れ、流川も着地します。

審判の笛が吹かれ、「ハッキング!!白11番!!」と告げられています。

木暮が「流川!!」、彩子が「ナイスファウル!!」と言っていて、晴子は頬を赤らめながら「流川君?」と言っています。

高野は流川に「くっ…このガキャア!!」と言っており、流川は「ちっ」と言っています。

永野が高野に「大丈夫か?」と尋ね、高野が「ああ」と答えています。

花道は「ルカワ」と言っております。

越野は「流川の奴、桜木のところから攻めてくるのを読み切ってたな。」と言い、魚住は「ああ惜しかった。」と言っています。

仙道は(桜木…)と思っています。

審判が高野にボールを手渡し、「ツーショット!!」と言っています。

高野がボールをドリブルしてフリースローに備えています。

1投目が放たれましたがリングに当たって外れ、観客席から「ああー」というため息が聞こえております。

観客席にいる翔陽の選手の一人が立ち上がって、「外れた~!!」と言っています。

高野は「ああー」と言っていますが、藤真は「ドンマイドンマイ!!次決めていこう!!」と声をかけています。

高野がドリブルして2投目に備えます。

ゴリが「リバウンド取るぞ!!」と言い、花道が「オ、オウ!」と答えています。

彩子は固い表情で、晴子は両目をつむって両手を合わせて祈りながら、(外れて!!)と思っています。

高野のフリースローの2投目が放たれ、ゴリ、花道、花形、永野がゴール下に寄って行きます。

ボールはリングに当たって外れ、高野は「ああ…」と言っています。

花道が「リバンッ!!」と叫び、ゴリが「オオ!!」と叫んでいます。

ゴリ、花道、花形がボールを取ろうとジャンプします。

しかしこのリバウンドを取ったのはこの3人のうちの誰かではなく、後方から手を伸ばしてきた流川でした。

ゴリ、花道、花形は声を揃えて「なに!!」と言っています。

三井が右手を上げて走りながら、「流川!!」と叫んでいます。

木暮が「いけ三井!!」、安田が「速攻!!カウンター!!」と言っています。

流川がパスを出し、誰かが「あっ!!」と言っています。

三井は(よし)と思っていますが、藤真が三井の前に出てこのパスを手に当てています。

永野が「藤真!!」と言っていて、流川は走っていきます。

ゴリが「追え!!三井!!」と声をかけます。

三井は(翔陽には渡さねえ!!)と思いながらこのルーズボールに飛びついていきます。

ここで回想シーンが展開されます。

武石中時代の三井が目の前でボールを持った安西監督に「あきらめたらそこで試合終了だよ。」と言われている場面、怪我をして杖を突いた三井が観客席から試合を見ている場面、不良の三井が両目から涙を流して「バスケが…バスケがしたいです。」と言っている場面でした。

三井は白線の外にあったボールを両手でつかみました。

目の前には翔陽ベンチメンバーがおり、三井の後方には追って来ていた藤真がいます。

ボールを受けながら後ろを振り向いた三井の視界に両手を広げて「へい」と声をかける流川がいます。

三井は(流川…)と思いながら流川にパスを出しました。

流川はドリブルに入りますが、三井は翔陽メンバーが腰かけていた長椅子に突っ込んでしまいました。

木暮が「三井!!」、彩子が「三井先輩!!」と言っていて、ゴリは「決めろ!!流川!!」と言っています。

流川はドリブルしていますが、左に永野、右に高野が並走しております。

流川の後方からは花形が追いかけます。

流川がゴールに向かってジャンプし、高野と永野もジャンプします。

しかし流川のダンクがゴールに突き刺さっていました。

魚住が「おお!!」と言っていて、魚住の顔と牧、仙道の目元だけが映っています。

彦一は「ああっ!!」、田岡監督は「おおっ!!」と言っています。

観客席は大歓声に包まれていて、流川楓親衛隊の3人は両目から涙を流して「キャアー!!」と叫んで体をブルブル震わせています。

スコアボードでは残り2:30で60対60の同点になっています。

観客からは「同点だあ!!!」、「追いついたあ!!」、「ついに湘北が翔陽をとらえたあ!!」という声が聞こえてきます。

翔陽ベンチで倒れている三井に木暮が駆け寄ってきて、「三井、大丈夫か!!」と声をかけています。

三井は「ああ」と言いながら起き上がりますが、胸のあたりを押さえて「ウッ」と声を上げて苦しそうな表情をしています。

三井は「決まったな、この歓声は!!」と言い、木暮は「ああ同点だ。ナイスパスだった。」と言います。

三井は「あたりめえよ。」と言い、木暮は「あとは任せろ!!」と言っています。

花道の元に流川がやってきて、「おい」と言ってきます。

花道が「ぬ…!!」と言っていると、流川は「なに縮こまってやがる。らしくねーんじゃねーのか」と言ってきました。

花道の目元が鋭くなっていました。

客席からの拍手に送られ、三井は木暮に支えられてベンチに戻っていきます。

洋平は「ナイスファイト!!」、高宮は「よくやったぞ、ミッチー!!」、大楠は「ブラボーブラボー!!」と言っています。

ここでナレーションが入ります。

「後半残り2分30秒、スコア60対60。20得点(うち3P(スリーポイント)15点)という数字を残して三井寿ついにコートを去る」というナレーションです。

ベンチに戻った三井は「すいません先生…」と言っています。

安西監督は「三井君…君がいてよかった…」と言っていて、三井は「先生…」と感激したように言っていました。

彦一は(同点。ちょっと前までは12点も開いとったのに。)と思っています。

田岡監督は「三井。中学時代そのままの正確なシュート、そしてあの精神力。」と言い、彦一は「監督。どないなりますのんやろ、この試合。」と言っています。

田岡監督は「ここから先はバスケットボールの技術を超えた領域の戦いだ。あとは湘北と翔陽の精神力の勝負。おそらくどちらが勝つにしてもこの試合に敗者はいない。」と言い、彦一はハッとした表情で田岡監督を見ていました。

審判が右手を上に上げながら笛を吹き、「メンバーチェンジ!!湘北!!」と告げて、胸の前で×印を作っています。

木暮は白のリストバンドを左右の手に付けています。

安西監督が木暮の元に来て「頼みますよ、木暮君。」と声をかけ、木暮は「はい」と答えてコートに歩いていきます。

彩子が「木暮先輩、ファイト!!」と声をかけています。

審判の横に木暮は立っていて、笛が吹かれました。

大楠は「よっ、しっかりメガネ君!!」、高宮は「ミッチーの分も頼んだぞ!!」と言っています。

野間は「ううん?」と言いながらコートをじっと見つめています。

そして野間は横の大楠を肘でつつきながら、「お、おいなんか雲行きが怪しいぞ。」と言っています。

映像では向かい合っている流川と花道が映っています。

大楠が「ん?流川と…」、晴子は「どうしたのかしら、流川君と桜木君。」、洋平は「またケンカでもおっぱじめたんじゃねえだろうな?」と言っています。

するとそれを聞いた晴子は「ええっ?まさか…」と言っていますが、高宮は「でもなんたって花道だから。」と言い、洋平、大楠、野間は声を揃えて「そうそう。」と言ってうなずいています。

晴子は「そんな…まさか…」と言っています。

流川の前に立つ花道の右拳がブルブルと震えています。

花道の脳裏には先程流川に言われた「なにちぢこまってやがる。やがる…やがる…やがる…らしくねーんじゃねーのか。ねーんじゃねーのか…ねーんじゃねーのか…ねーんじゃねーのか…」という言葉がよぎってきました。

花道は「くっ…ふんぬーーーー」と叫びながら思い切りコートに自分の頭で頭突きをしました。

ゴリとリョータが驚いた表情でこれを見ており、ゴリは「なっ!?」、リョータは「ゴ、ゴンって…」と言っています。

木暮と彩子もこれを見て驚いていて、木暮は「桜木…」と言っております。

洋平は「は、花道…」、晴子は「桜木君…」と言っています。

高野は呆然として表情をしていて、審判は花道の方を見ております。
永野は目が点になって「あ…あ…」と言っていて、藤真は真顔でこれを見ています。

花道が頭突きを入れたコートの部分は黒くなって白い煙が上がっています。

清田が「コ、コートに…」と言い、越野が「頭突き。」、魚住が「ああー。相変わらずめちゃくちゃだな。」、仙道が「これで桜木もらしくなるかな?」と言っています。

花道はおでこに赤いたんこぶができていてそこから白い煙が上がっています。

花道は両手を広げながら流川に「誰がちぢこまってるって?」と言います。

流川は「おめーだ。どあほう」と言ってきます。

それを聞いた花道は表情が変わり、「ううん?テメーには負けねーぞ!!」と言い返しますが、流川に「口だけ男」と言われて花道は「ふぬ…」と言って顔をこわばらせて流川を睨んでいます。

これを見ていた彩子が「出た!!湘北名物イジのはりあい。こんな時に…」と言っていました。

花道は「ふぬぬぬぬ」と怒りの言葉を発していますが、ゴリが「いい加減にしろ。お前らの敵は翔陽だ!!」と言って翔陽メンバーの方を指さします。

ゴリが指さした先には翔陽メンバーが左から永野、長谷川、藤真、花形、高野の順で並んでいて花形がボールを持っています。

花道は怒りで顔を震わせていますが、永野が「フン、勝って海南と当たるのは…」、高野が「俺たちだ。」、藤真が「そうだ。決勝リーグ一番乗りは翔陽だ!!」と言ってきました。

ゴリは「ぬかせ。行くぞ!!」と言い、湘北メンバーがそれに答えています。

湘北は後方左から花道、ゴリ、流川、前方左にリョータ、木暮と並んでいました。

花道は「絶対勝―――つ!!!」と叫び、晴子は「桜木君…」と言っています。

ベンチで首にタオルを書けている三井は(頼む…勝ってくれよ…)と思っています。

木暮は(見ててくれ三井…)、リョータは(やるぜ彩ちゃん…)、流川は(負けねー)、ゴリは(勝つ。絶対勝つ。)、花道は(4ファウルがどーした!!オレは天才だから大丈夫のハズだ!!)と思っています。

ここでナレーションが入ります。

ナレーションは「三井の執念がついに湘北を同点に導いた。残り時間2分30秒、湘北にとってもそして桜木花道にとってもそのバスケットボール人生を決定づける時が近づいていた。」という内容でありました。

第45話『退場目前!? 花道ピンチ』私の感想

この第45話の感想ですが、まずは三井の大活躍がすばらしかったですね。

作品のここまでの展開を見ていると三井寿という選手の場合、どうしても彼の見事なシュート、特にスリーポイントシュートばかりを注目してしまいがちなのですが、ここではルーズボールに、というより勝利への執念も見られたのが良かったと思います。

アニメオリジナルのセリフとして三井の(翔陽には渡さねえ!!)というものや過去の回想シーンで安西監督の「あきらめたらそこで試合終了だよ。」というセリフを出している点でも興味深く見られました。

三井はキャプテンの赤木をはじめチームメイトたちにはいつも偉そうなものの言い方をしますが、安西監督の前ではとても素直です。

やはり三井寿にとってはあの中学時代の試合で安西監督が来賓席にいて三井の心に刺さる言葉を言われたことが大きいですね。

彼にとっては素晴らしい出会いだったのですが、その安西監督と一緒に来賓席にいながら三井寿の入学をもくろんでいた田岡監督にとっては気の毒な結果になってしまいました。

それから4ファウルで思い切ったプレーができなくなっていた花道がいつもライバル心をギラギラ燃やしている流川の言葉で踏ん切りがつきそうで次回の展開が楽しみになりました。

だたまさかコートに頭突きをするとは思いませんでしたが…

花道にとって頭突きは相手を攻撃するだけでなく、自分を発奮させるためのものでもあるようです。

ここまでの展開を見ていると花道に自信を与えるような言葉を言えるのはリョータであり、花道の闘争心をあおることができるのは流川という見方ができると思いました。

そしてここまで三井の活躍を見てきた同じ3年生のメガネ君こと木暮君のプレーにも期待したいところです。

第45話『退場目前!? 花道ピンチ』原作の漫画とアニメの違い

ゴリの「まだ錆びついちゃいなかったようだな。」のセリフは漫画ではこの後に「三井!!」と続きますが、アニメでは名前は呼んでいません。

花道の(ううーん、オレだけ目立ってない。何とかしなければ…)という心の中のセリフ、流川の「まだいたのか、退場しないで。」のセリフ、花道の(ここは一発スラムダンクしかない。スラムダンクしか…しかしファウル4つ…)という心の中のセリフと動きは全てアニメオリジナルのものです。

彩子の「3点差よ。」のセリフ、桑田の「翔陽を倒して決勝リーグ進出だ!!」のセリフは漫画では絵で見る限りは石井か安田のセリフであります。

またアニメでは「翔陽を倒して決勝リーグ進出だ!!」を聞いた湘北メンバーが「おお!!」と返事していますが、これはアニメのオリジナルです。

彦一の「さすが三井さんや。あのスリーポイントは要チェックやで。」のセリフはオリジナルであり、田岡監督の(三井寿!!MVPの実力健在か…)という心の中のセリフは漫画では発声のセリフになっています。

神の「打った瞬間にもう入るのを確信してた。大した自信だな。」、牧の「答えは一つ。強い者が勝つ!!」のセリフはオリジナルのものです。

また清田の「ラスト4分を切ってこりゃあもうどっちに転ぶかわかんねえぞ!!」のセリフは漫画では映像からして観客たちのセリフであり、「ラスト4分きったぞ!!」と「こりゃあもうどっちに転ぶかわかんねえぞ!!」という2つのセリフであります。

大楠の「3点差なら三井のスリーポイントシュートで一発同点だぜ!!」のセリフは漫画では「三井」ではなく「ミッチー」、「スリーポイントシュート」ではなく「3点シュート」と言っています。

この後の高宮と洋平のセリフは文言は漫画通りですが、アニメでは彼らの動きも入れています。

高宮の「はい皆さんご一緒に!!」というセリフや観客たちの動きと声援はアニメオリジナルのものです。

流川楓親衛隊、魚住、仙道、神、牧、清田のセリフや映像は全てアニメオリジナルのものです。

三井の「あいつら…」のセリフの後、漫画では花道の「くそう…」のセリフと「ファウル4つになりもうファウルの許されない桜木はファウルを恐れ体の接触をさけていた」という解説がありますが、アニメにはこれはありません。

高野の「オラオラどうした、4ファウル。」、「退場男なんかには取らせねえぜ。」のセリフはオリジナルであり、それに対する花道の様子や木暮、彩子のセリフなどもすべてオリジナルです。

藤真が高野にパスを出す時、漫画では藤真の目の前にいるのはリョータだけですが、アニメではリョータと三井がいます。

またこのパスの後に漫画ではリョータが振り返る絵がありますが、アニメにこれはありません。

そしてパスを受けた高野の後に漫画では翔陽スタンドから「絶妙!!」の声がありますがアニメにこれはありません。

漫画では三井が花道に「桜木!!とめろ!!」と言いますが、アニメではゴリが「止めろ!!桜木!!」と言っています。

高野のシュートがボードに当たってから決まる映像と藤真の「いいぞ高野!!」のセリフはオリジナルのものです。

魚住の(さすが藤真。絶妙のスティールにパス。どうする湘北。この穴は大きいぞ。)という心の中のセリフはオリジナルのものです。

ゴリの(ファウルを怖がってるな…しかし桜木には1分でも長くコートにいてもらわんと困る。翔陽は藤真を除く全員が190台。ジャンプ力のある桜木が抜けると高さのバランスが崩れて一気にやられる恐れがあるからな。)という心の中のセリフは漫画では少し違っています。

漫画ではゴリは(くっ…ファウルを怖がってるな…しかしそれでも桜木には1分でも長くコートにいてもらわんと困る。桜木が抜けると高さのバランスが崩れて一気にやられる恐れがあるからな。)となっています。

翔陽メンバーに穴だと言われた花道は漫画では黙ってこれを聞いていますが、アニメでは(オ…オレが穴だと…)という感想を持っています。

高野がゴールを決めた後の翔陽のディフェンス体型はアニメでは5人全員の姿があってセリフがある人物もいますが、漫画では高野と永野だけです。

漫画では花道の前方左に永野がいて「さあ来い!!」と言っていて、右側に高野がいて「ディフェンス1本!!」と言っています。

しかしアニメではゴール下の花形、その左前に長谷川がおり、高野が左にいて「ディフェンス1本!!」のセリフを言い、右に永野がいて「ボール取りに行くぞ!!」のセリフ、そしてその二人の前に藤真がいて、「さあ来い!!」のセリフを言っています。

なので花形、長谷川の姿、藤真の姿とセリフはオリジナルであり、高野と永野の位置は漫画とは逆で永野のセリフは漫画とは違うものになっていると言えます。

この後の洋平の「花道…」のセリフはオリジナルのものです。

花道の「くそ…!!くそ!!」のセリフの後、漫画ではすぐ三井のシュートシーンですが、アニメではゴリのドリブルとパス、リョータからの三井へのパスの映像もあります。

三井のシュートの時には漫画では宙に舞うボールと誰のセリフかわからない「おおっまた三井!!」がありますが、アニメでは清田の「また三井だ!!」のセリフになっています。

三井のシュート後の長谷川の感想は漫画では(ボールには触れなかった(ふれなかった)が…)とありますが、アニメでは「さわれなかった」と言っています。

三井のシュート時の他の選手たちの映像はアニメオリジナルのものです。

洋平の「また入ったーーーっ!!!」、大楠の「ついに1(ワン)ゴール差!!」、野間の「4本連続スリーポイントシュート!!もう手がつけられん!!」のセリフは漫画ではおそらくは観客たちのセリフとして描いていると思われます。(絵の背景が客席を映しているからです。)

また「ついに1(ワン)ゴール差!!」は「1(ワン)ゴール差!!」だけのセリフであり、スリーポイントシュートは3P(スリーポイント)とだけ表記しています。

高宮の「ミッチーしびれる~~!!」のセリフはオリジナルのものです。
神の三井のスリーポイントシュートに対するセリフはほぼ同じ内容ですが、最後の部分が漫画では「オレと同じタイプかな」とあるのがアニメでは「オレと同じかな」とだけ言っています。

長谷川の呆然として表情と「くう~~」のセリフ、三井の「どうした。5点以内に抑えるんじゃなかったのか!?今ので20点だ。まだまだ行くぞ!!」のセリフはアニメオリジナルのものです。

なおこの時の漫画原作では三井の「ハアハア」という息遣いの絵になっています。

高野が「来い!!オレに来い!!」のセリフを言う時に漫画では両腕を下げていますが、アニメでは両腕を上げて発言しています。

また高野が藤真からのパスを取る時に漫画では背を向けていますが、アニメでは正面を向いています。

この時に漫画では花道の心の中のセリフがありますが、アニメでは少し先にこれがあります。

高野にボールが渡った時の田岡監督と彦一のセリフはアニメオリジナルのものです。

花道の(野郎!!オレが4(フォー)ファウルで手出しできねーのをいいことに!!しかし…わかっていても手が出せんとは…くっ、くっそー!!)という心の中のセリフは最後の「くっそー!!」の部分だけはオリジナルの文言です。

「なーに縮こまってんだ桜木」という仙道のセリフは漫画では「なーにを縮こまってんだ桜木」となっています。

高野がシュートに行くときですが、漫画では花道の正面で「くらえ!!」と言っている絵だけですが、アニメでは花道に背を向けて両手でボールを持つ動作と「くらえ!!」という前の雄たけびのセリフが追加されています。

流川の反則に対する審判のコールは漫画では「ファウル!!白11番!!」としか言っていませんが、アニメでは「ハッキング!!白11番!!」と反則名をも言っています。

流川の反則後の彩子、晴子のセリフはオリジナルのものです。

高野の流川への「くっ…このガキャア!!」のセリフは漫画では心の中のセリフであり、「くっ…このガキ!!」という内容です。

その後の永野の「大丈夫か」に対して漫画では返事がありませんが、アニメでは「ああ」と答えています。

越野の「流川の奴、桜木のところから攻めてくるのを読み切ってたな。」のセリフ、魚住の「ああ惜しかった。」のセリフは、漫画では「流川の奴、桜木んとこから攻めてくるのを読み切ってたな。惜しかった。」という越野一人のセリフになっています。

仙道の(桜木…)という心の中のセリフはオリジナルのものです。

審判は高野のフリースローの時に漫画では「フリースロー!!」と言っていますが、アニメでは「ツーショット!!」と言っています。

高野のフリースローは漫画では「しかし高野これを2本ともミス」の解説だけで片付けて2本目のリバウンドのシーンからの絵になっていますが、アニメでは1本目からここを映像、セリフを入れて描いています。

木暮が「いけ三井!!」、安田の「速攻!!カウンター!!」のセリフはともにオリジナルのものです。

流川の三井へのパスがカットされた後、永野が「藤真!!」という時の流川は漫画ではハッとした表情をしていますが、アニメでは前に走っていく描写になっています。

三井がルーズボールを追う時の(翔陽には渡さねえ!!)という心の中のセリフや過去の回想シーンなどはアニメオリジナルのものです。

三井がルーズボールを取る時に漫画では「くっ…」という声を出していますが、アニメにこれはありません。

またこの時の藤真は漫画では三井の後ろで背を向けていて「4」の背番号がハッキリ見えますが、アニメでは藤真は三井と同じ横向きになっています。

ルーズボールを取った三井の視界に入った流川を見た時の三井は漫画では「!!」とだけ表記していますが、アニメでは(流川…)という心の中のセリフで表現しています。

翔陽メンバーが座っているのは漫画では一人掛けの椅子ですが、アニメでは長椅子になっています。

三井を心配するセリフは漫画では木暮だけですが、アニメでは木暮、彩子のセリフになっています。

ゴリの「決めろ!!流川!!」のセリフはオリジナルのものです。
流川のドリブルに並走する高野、永野や後方から追いかける花形のシーンの映像はアニメオリジナルであります。

漫画では流川、高野、永野がゴール下でジャンプしている絵だけであります。

流川のダンクが決まった時の魚住、仙道、牧、彦一、田岡監督、流川楓親衛隊の映像やセリるなどは全てアニメオリジナルのものです。

またこの時の観客たちのセリフは漫画では「同点――!!!!」、「残り2分30秒ついに追いついたーー!!!!」ですが、アニメでは「同点だあ!!!」、「追いついたあ!!」、「ついに湘北が翔陽をとらえたあ!!」となっています。

木暮の「三井、大丈夫か!!」のセリフ以降の木暮と三井のやり取りのセリフは全てアニメオリジナルのものです。

三井がベンチに戻る時の桜木軍団3人のセリフは全てアニメオリジナルのものです。

三井と安西監督のベンチでの会話から流川と花道が向かい合っているシーンに至るまでの彦一と田岡監督の会話、審判のセリフ、交代に備える木暮、桜木軍団と晴子、この人物たちのセリフと映像は全てアニメオリジナルのものです。

花道が流川に言われた言葉を脳内で思い浮かべるシーンは漫画では「らしくねーんじゃねーのか。なにちぢこまってやがる…やがる…やがる…やがる」と「なにちぢこまってやがる」だけのリフレインになっていますが、アニメでは「らしくねーんじゃねーのか。」の言葉も同様にリフレインになっています。

花道がコートに頭突きを入れた時ですが、漫画ではゴリ、リョータ、審判、永野、藤真だけの映像ですが、アニメではこのメンバーに桜木軍団の洋平、晴子、高野の映像もあります。

またリョータ、永野にはアニメオリジナルでセリフもあります。

またこの頭突きの時の清田、越野、魚住、仙道のセリフもオリジナルのものです。

花道が「誰がちぢこまってるって?」というセリフを言う時に漫画では「へっ」と言うセリフもありますが、アニメにこれはありません。

また漫画では花道が「テメーには負けねーぞ!!」のセリフだけですがアニメではこれの前に「ううん?」という言葉もあります。

彩子の「出た!!湘北名物イジのはりあい。こんな時に…」のセリフの後の花道の「ふぬぬぬぬ」の言葉、ゴリの「いい加減にしろ。お前らの敵は翔陽だ!!」のセリフはアニメオリジナルのものです。

その後の翔陽メンバーのセリフは全てアニメオリジナルのものです。
ゴリの「ぬかせ。いくぞ!!」のセリフは漫画では「いくぞ!!」だけであります。

その後の木暮、リョータ、流川、ゴリの心の中のセリフは全てアニメオリジナルのものになっています。

この第45話は漫画原作では「#95 4ファウル」の全内容、「#96ROOKIES」の途中までの内容になっています。

アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」第46話『花道、熱きダンク』のフル動画を無料で観るには?あらすじ・ネタバレ・感想・登場人物の紹介も!SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第46話『花道、熱きダンク』のネタバレページです。 前回(第45話)までのあらすじ ...
アニメ「SLAM DUNK(スラムダンク)」を全話無料で観よう!第37話~第46話『インターハイ予選第5回戦!対翔陽高校戦編』をまとめてみた!SLAM DUNK(スラムダンク)のアニメ版第37話~第46話をまとめたページです。 アニメ「SLAMDUNK」第37話~第4...

アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』(1話~最終話)無料でフル動画を観る方法を解説!

アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』を無料で観たい場合は『こちらのページ』からU-NEXTの31日間無料体験に申し込んでください。

もちろん、無料体験中に解約すれば料金は一切かかりません。安心してお楽しみください。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

アニメ『SLAM DUNK(スラムダンク)』を配信しているサービス

配信状況 月額料金 無料期間
U-NEXT 1,990円 31日間
dアニメストア 400円 31日間
TSUTAYA TV/DISCAS 1,865円 30日間
Hulu × 933円 14日間
Paravi × 1017円 14日間
AbemaTV × 872円 1ヶ月間
Netflix × 1,200円 なし
TVer × 無料
GYAO! × 無料

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

U-NEXTの特徴とオススメポイント

U-NEXTならメリットがいっぱい!

  • 今なら31日間無料体験!
    ※期間中に解約すれば一切お金はかかりません
  • 見放題作品数No.1
    →動画見放題14万本!
    →動画レンタル3万本!
    →書籍・漫画・ラノベ合計52万冊以上!
    →雑誌読み放題70誌以上!
  • 毎月1,200ポイントもらえる!
    (最新映画2本分)
    ※無料期間でも600ポイントもらえる
  • 無料でアカウントが4つ使えるので家族みんなで楽しめる
  • スマホやタブレットに映画やアニメをダウンロード!
  • 高品質の音と映像
  • テレビやパソコン、スマホ・タブレット・ゲーム機で楽しめる!
  • いつでも解約できる!

U-NEXTの入会方法

U-NEXTの入会登録は難しいって思っていませんか?

実はめちゃくちゃ簡単なんです!

管理人が試したところ3分で登録が終わっちゃいました。

【U-NEXTの入会方法】

1.『こちらのページ』からU-NEXTのページを開きます

2.『まずは31日間無料体験』のボタンを押します

3.名前とパスワードを登録して「次へ」を押します

4.支払い方法を入力して「送信」を押したら入会完了です
(※31日以内に解約したら無料です)

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

管理人も入るまでは「面倒くさいなぁ」って思っていましたが、やってみたら誰でもできるくらい簡単でした。

試しにもうすぐ70歳になる父親にやらせてみても出来ましたよ!
※父がどうしても過去のアニメを見たいと言い出したので自分でやらせてみました

U-NEXTの解約方法

「『解約方法』を面倒臭くさせて、解約できない作戦なんじゃないの?」と疑われる人もいるかもしれません。

そんな人に一言「解約もめちゃくちゃ簡単です」と言っておきます。

むしろ入会よりも解約のほうが簡単でした。

なんとその時間2分!

そうは言っても不安になるかたもいらっしゃると思いますので解約手順も書いておきますね。

【U-NEXTの解約方法】

1.U-NEXTにログインした状態で左上のメニューを開きます

2.『設定・サポート』と書かれてるところを押します

3.『契約内容の確認・変更』を押して『解約はこちら』を押します

4.そのまま『次へ』を押して『解約する』で解約完了です!

ね?

めちゃくちゃ簡単でしょ?

何度も言いますが、無料期間中に解約したら一切お金が発生しません。

\U-NEXTを31日間無料で楽しむ!/

U-NEXTで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

アニメだけ見るならdアニメストアもオススメ!

スラムダンクのアニメを全話見るなら、日本や海外のドラマや映画も見れて無料期間中に貰えるポイントで最新の漫画や雑誌まで読めちゃうU-NEXTが一番オススメなのは前述の通りですが、一番怖いのは解約し忘れですよね。

無料期間中に解約し忘れると一ヶ月1,990円ほどかかってしまうので、それが怖くて入会できないって人も多いと思われるんです。

カレンダーアプリ等に登録しておくのをオススメしますが、それでも怖い人はこちら!

dアニメストア

をオススメします。

dアニメストアもU-NEXTと同じで、最初の一ヶ月間は無料なんです。

しかもお値段は月々400円!

つまり万が一解約し忘れても、U-NEXTと違ってワンコイン以下ですんじゃうんですよ!これはかなり魅力的ですよね!

U-NEXTがドラマに映画、漫画や雑誌まで読めちゃうのに対し、dアニメストアは『アニメ』しか見れないので注意が必要です。

色々見たいって人には『U-NEXT』、アニメしか見なくてもいいよって人には『dアニメストア』をオススメします。

もちろん、どちらも無料期間があるので、dアニメストアでスラムダンクをある程度見て、その後U-NEXTでスラムダンクの残りと違うドラマや映画を見るって作戦もありかもしれません。

\dアニメストアを31日間無料で楽しむ!/

dアニメストアで『SLAM DUNK(スラムダンク)』を今すぐ観る

※dアニメストアの『d』は『ドコモ』という意味ですが、もちろんdocomoユーザー以外でも問題なく閲覧できます

どうしてもDVDレンタルがいいなら『TSUTAYA DISCAS』がオススメ

動画見放題サービス(VOD)でスラムダンクのアニメ版を全話見るなら『U-NEXT』や『dアニメストア』が良いですが

やっぱり『DVDがいい!』

っていう人も中にはいると思います。

そんな人にオススメなのがTSUTAYA DISCASというサービスですよ。

動画見放題の『TSUTAYA TV』と、DVDを宅配レンタルし放題の『TSUTAYA DISCAS』が一緒になって『30日間無料お試し!』のキャンペーンをやっているんです。

動画見放題なのは『U-NEXT』や『dアニメストア』と変わりませんが、DVDを宅配レンタルし放題の『TSUTAYA DISCAS』はまさにDVD派のあなたにうってつけなんですよ!

もちろん、最初の30日間無料お試しだけでもいいですし、無料お試し期間が終了した後は「定額レンタル」の『TSUTAYA DISCAS』のみのプラン(月額1,865円(税込))に変更することも可能なんです!

\TSUTAYA DISCASを30日間無料で楽しむ!/

TSUTAYA DISCASで『SLAM DUNK(スラムダンク)』のDVDを無料レンタル